渋谷アロープロジェクト

INTERVIEW

『シブヤ・アロープロジェクト』参加アーティスト インタビュー

視認性は大前提。その上でアートとして楽しませたい

ヒロ杉山

矢印をモチーフにしたアート作品が、渋谷キャスト前や、JRの高架下など渋谷の街中に、出現中です。これらは、『シブヤ・アロープロジェクト』によるパブリックアートで、矢印(アロー)が示すのは、地震などの大きな災害が起きた時に退避できる安全な場所“一時退避場所”の位置です。

言葉の壁を超えて意味を伝えることができる“矢印のデザイン”を、平常時も楽しめるアート作品として区内の必要な場所に設置することで、国内外の来街者に一時退避場所の場所を認知してもらい、発災時の誘導を支援する取り組みです。

街並みに溶け込ませないで、上品に存在感を出したかった


このプロジェクトの「01」として最初に作品を発表したのが、日本を代表するアーティスト・アートディレクターの1人、ヒロ杉山さん。渋谷区清掃事務所壁面に、半立体のレリーフ状オブジェ《TUBE ARROW》を展示しています。

「素晴らしい企画です。自分の作品が、避難時の誘導のお役に少しでも立てるのなら、ぜひ参加したいと思いました」と、プロジェクトへの意気込みを語ってくれましたが、作品を作る上で凄く意識したというのが“矢印”としての視認性の高さとアートとしての上品な存在感。

「避難場所への誘導は、命に関わることでもあります。だからこそ“見えない”、“認識できない”アートになってはいけません。渋谷の街中に描かれ、そして行き交う人々に矢印として認識してもらうのは大前提。その上でアートとして楽しんでもらうためには、どうしたらよいか。景観を汚すようなものであってはならないし、街並みに溶け込んでしまうようなものでもダメですよね。そこで、しっかりと上品に存在感を表すにはどうしたら良いか? と配色なども考えていきました」

もちろん街中での制作も、新鮮で楽しかったといいます。

「アトリエで絵を描いているのとは違い、通り行くみなさんが見ていくので、完成した後ももっと描きたい!!って思っていたほど(笑)。渋谷は中学生の頃から遊びに来ていた大好きな街。プラネタリウムを見たり、名画座で映画を観たり……楽しい思い出がたくさんある場所なんです。だから渋谷で、もっと大きなパブリッアートも手掛けてみたいですね」

渋谷の街とは半世紀近くの長い付き合いになるというヒロ杉山さん。まさにこのプロジェクトの幕開けを飾るのに相応しいアーティストでした。是非、渋谷を訪れた際には、ヒロ杉山さんの手がけた矢印を探してみてください。


ヒロ杉山

1962年東京生まれ。アーティスト、アートディレクター、京都造形美術大学客員教授。1987年に「ネオアートグループ(NAG)」、1997年にクリエイティブユニット「エンライトメント」を結成。ファインアートの世界で国内外で作品を発表する一方、フリーペーパーやアートブックの出版、展覧会のキュレーションなども行い、独創的な作品を発表し続けている。PV制作やVJなどの映像分野での評価も非常に高い。
http://elm-art.com